動産と有価証券の遺産分割の流れをかく

動産とされる遺産は以下のようなものがおもなものです。

車、家財道具など

動産はほとんどの場合、交換価値が低いとされており
廃棄費用も遺産の中から経費処理をしなくてはなりません。

動産の遺産分割のしかたはどうでしょうか?

その1:衣類・・・・・ほとんどの衣類は
遺産価値はありません。余程の者でない限り
処分されることが多いようです。和服などの場合は
反物にして形見分けのようにする場合もあります。

その2:身辺の器具・・・書籍や家具があります。
骨とう品やブランドなど以外は、遺産にはかわりないの
ですが、多くは動産一式としてセットのように処理されます。

ただし大したものが無いだろうと、勝手に処理してしまうと
あとでもめるもとになりますので注意しましょう。

その3:機械・器具類
・・・・・交換価値が高いことが多く遺産分割の対象です。

その4:自動車、船舶・・・・
交換価値が高いので遺産分割の対象です。

その5:貴金属、骨董品・・・・
遺産分割の対象となります。ただし値打ちが無いと思われる
モノでも遺産分割の対象と思われるものは勝手に
処理をしてはいけません。

その6:書類・・・・遺産分割の交換価値は
ほどんどないのですが法的な意味をなす書類である
場合は被相続人全員が保管しなければいけない
モノである場合もあります。

不動産の相続登記を川崎で申請する
法務局は全国各地にあって、不動産や商業の登記を扱っている。相続を原因とする登記もここで手続きするのだ。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/registration

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む