カテゴリー: 制度をしって遺産分割を順調に完結させる

相続人の中に行方不明者がいたら遺産分割協議ができないのでしょうか

家庭裁判所に選任された不在者財産管理人は、家庭裁判所の許可を得て、行方不明の相続人の代わりに遺産分割協議に参加して、協議内容に合意することができます。

遺産分割協議を行うためには、相続人全員の参加と全員の同意が必要ですが、相続人の中に行方不明者がいる場合には、どうすればよいのでしょうか。
“相続人の中に行方不明者がいたら遺産分割協議ができないのでしょうか” の詳細は »

遺産をどう分割するかの協議までに必要な作業とは何か

相続の手続きには、亡くなった方の出生~死亡までの戸籍謄本を集める必要があります

いくつかあるうちのひとつを紹介します。まず、「相続人を確定すること」です。銀行の解約手続きに行ったときに、銀行からも「お亡くなりになった人の出生~死亡までの戸籍をそろえてください」と言われます。それはどうしてか?


“遺産をどう分割するかの協議までに必要な作業とは何か” の詳細は »

動産と有価証券の遺産分割の流れをかく

動産はほとんどの場合、交換価値が低いとされており廃棄費用も遺産の中から経費処理をしなくてはなりません

動産とされる遺産は以下のようなものがおもなものです。

車、家財道具など
“動産と有価証券の遺産分割の流れをかく” の詳細は »

占有という観念を相続手続きでも覚えておこう

動産の価値は形見分けなどで処理をされる場合、価値が低いものや高いもの、廃棄処分が必要であるものなども配慮して分割しなければならない。

動産の価値は形見分けなどで処理をされる場合
価値が低いものや高いもの、廃棄処分が必要で
あるものなども配慮して分割しなければなりません。
“占有という観念を相続手続きでも覚えておこう” の詳細は »

遺産の分割の禁止されたときの相続はこうなる

相続人は相続開始からすぐに遺産の分割が可能です。しかし、遺産分割が禁止されることもあります。

(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止)第908条
被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくは
これを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から
5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。《改正》平16法147(遺産の分割の効力) 第909条 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。
“遺産の分割の禁止されたときの相続はこうなる” の詳細は »

パターンが複数あるのが相続人がする遺産の分割のやり方

相続後に個々の財産をそれぞれの相続人が所有物として保有するための手続きを、遺産分割といいます。

相続後に個々の財産をそれぞれの相続人が
所有物として保有するための手続きを遺産分割と
いいます。

遺産には

■現金
■預金(銀行など)
■株式
■有価証券

などの分割可能なものはすぐに手続きが可能です。
“パターンが複数あるのが相続人がする遺産の分割のやり方” の詳細は »