理想を追い求めて相続人と遺産を話あうのだ

代償分割とは、遺産の現物を1人か一部の相続人が受け、その代わりとして残りの相続人に相続分に相当する現金などを支払う方法。一括で代償金を支払うことができない場合には、分割払いをすることも相続人同士の合意があれば可能です。

しかも、代償金には贈与税はかかりません。
遺産分割は、換価分割・代償分割を組み合わせながら
現物の分割を基盤にするのがやりやすいと思います。

遺産分割に関して覚えておいてほしいポイントがいくつかあります。

それは、相続するものが不動産などの場合を中心に
相続人が瑕疵担保責任を負うということです。

不動産取引には、「売主の瑕疵担保責任」というものがあります。

「売主の瑕疵担保責任」とは、
不動産売買の目的物に「隠れた瑕疵」があった場合
「隠れた瑕疵」があることを知らず、かつ、
瑕疵によって契約目的が達成できない時は、
民法では、「損害賠償請求権」と「契約の解除」が可能であるということです。

 

«
»
 

トラックバック URL