カテゴリー: よく学んで相続を円満にすすめよう

相続で亡くなった人の年金未納が規定以上あるとこうなる

遺族年金(いぞくねんきん)とは、死亡したときに残された妻や子に支払われる年金のことを指します。

遺族年金(いぞくねんきん)とは、死亡したときに残された妻や子に支払われる年金のことを指します。

遺族年金には、次の種類があります。

★遺族基礎年金(国民年金)
“相続で亡くなった人の年金未納が規定以上あるとこうなる” の詳細は »

その他の遺言執行について相続人だとこうだ

遺贈の場合は遺言執行者が登記義務者となります

★不動産の登記について

遺贈の場合は遺言執行者が登記義務者となります。

ただし、「相続させる」という遺言の場合は相続開始時に承継されたとみなされ、相続人が単独で登記することができます。そのため遺言執行者は関与しません。
“その他の遺言執行について相続人だとこうだ” の詳細は »

理想を追い求めて相続人と遺産を話あうのだ

遺産分割は、換価分割・代償分割を組み合わせながら現物の分割を基盤にするのがやりやすいと思います。

代償分割とは、遺産の現物を1人か一部の相続人が受け、その代わりとして残りの相続人に相続分に相当する現金などを支払う方法。一括で代償金を支払うことができない場合には、分割払いをすることも相続人同士の合意があれば可能です。

しかも、代償金には贈与税はかかりません。
遺産分割は、換価分割・代償分割を組み合わせながら
現物の分割を基盤にするのがやりやすいと思います。
“理想を追い求めて相続人と遺産を話あうのだ” の詳細は »

相続の不動産分割の仕方、預金や生命保険など

相続手続きで預金や生命保険などの金銭債権は、相応に分割されます。

預金や生命保険などの金銭債権は相応の区分に応じて
分割されます。
また数字でこれらは客観的に算定できますので
相続分が決まっているのであればそのまま分割すれば
問題ありません。
“相続の不動産分割の仕方、預金や生命保険など” の詳細は »

種類があるのが相続での遺産分割の方法です

相続の手続きで遺産の分割は全部でも一部でもできます。あとは話し合いの問題ですね。

遺産分割は全部でも一部でも施行できます。

遺産全部を一度に分割すること・・・全部分割

遺産の一部を分割すること・・・一部分割

(遺産の分割の協議又は審判等)第907条
共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で
禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、
遺産の分割をすることができる。
“種類があるのが相続での遺産分割の方法です” の詳細は »