自分のわかる範囲で借金を調べて相続の放棄をすすめる

相続放棄の手続きでは、故人との親族関係を証する
書面を用意、裁判所に提出する必要があります。

個人で行うことも出来ますが、専門家に代行を
依頼することもできます。

親族関係を証する書面は以下のとおりです。

相続人の戸籍謄本
故人の戸籍謄本(除籍謄本)
故人の住民票
上記の書類に基づいて相続放棄申述書を作成し、
裁判所に提出しなければなりません。

通常、相続を知ったときから
3ヶ月以内に行う必要がありますが
場合によって特別な事情がある場合は3ヶ月経過した後でも
受け付けてもらえる場合があります。(専門家に相談、
諸事情により対応。必ず放棄が確定しているというわけでは
ありません。)
相続放棄申述書とその他の必要書類を提出後、
2週間から1ヵ月程で相続放棄の決定が下ります。
なお、3カ月以内に家庭裁判所が相続放棄申述書を
受け付けた場合、決定が下りるのに3ヶ月経過していたと
しても相続放棄は認められます。

専門家に払った場合の費用は専門家によりまちまちですが
1件あたり3万円前後が多いようです。
(郵送や印紙代等別払い)

ご自身で行う場合の準備は以下の通りです。

申述先:被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所

申述の期間: 自己の為に相続が開始した事を知った
時から3ヶ月以内

(チェック!)
・・・・3ヶ月で財産調査が終わりそうにない時は、家庭裁判所に期間の伸長を請求できます。

・・・・相続放棄をせず3ヶ月を経過した後に被相続人に借金があることが判明した場合などには、「借金を知って3ヶ月以内」であれば、相続放棄できる可能性があります。

★必要書類 相続放棄の申述書1通
申述人の戸籍謄本1通
被相続人の除籍(戸籍)謄本,住民票の除票各1通
費用 800円 + 連絡用の切手代

★ 被相続人の財産に手をつけたものは相続放棄できません。
・・・たとえば、葬儀費用を相続財産で支払った場合も
該当です。(単純承認とみなされます)

一度相続放棄すると、撤回できません。

トラックバック URL

コメントを書き込む