相続人の中に行方不明者がいたら遺産分割協議ができないのでしょうか

家庭裁判所に選任された不在者財産管理人は、家庭裁判所の許可を得て、行方不明の相続人の代わりに遺産分割協議に参加して、協議内容に合意することができます。

遺産分割協議を行うためには、相続人全員の参加と全員の同意が必要ですが、相続人の中に行方不明者がいる場合には、どうすればよいのでしょうか。
“相続人の中に行方不明者がいたら遺産分割協議ができないのでしょうか” の詳細は »

遺産をどう分割するかの協議までに必要な作業とは何か

相続の手続きには、亡くなった方の出生~死亡までの戸籍謄本を集める必要があります

いくつかあるうちのひとつを紹介します。まず、「相続人を確定すること」です。銀行の解約手続きに行ったときに、銀行からも「お亡くなりになった人の出生~死亡までの戸籍をそろえてください」と言われます。それはどうしてか?


“遺産をどう分割するかの協議までに必要な作業とは何か” の詳細は »

相続で亡くなった人の年金未納が規定以上あるとこうなる

遺族年金(いぞくねんきん)とは、死亡したときに残された妻や子に支払われる年金のことを指します。

遺族年金(いぞくねんきん)とは、死亡したときに残された妻や子に支払われる年金のことを指します。

遺族年金には、次の種類があります。

★遺族基礎年金(国民年金)
“相続で亡くなった人の年金未納が規定以上あるとこうなる” の詳細は »

その他の遺言執行について相続人だとこうだ

遺贈の場合は遺言執行者が登記義務者となります

★不動産の登記について

遺贈の場合は遺言執行者が登記義務者となります。

ただし、「相続させる」という遺言の場合は相続開始時に承継されたとみなされ、相続人が単独で登記することができます。そのため遺言執行者は関与しません。
“その他の遺言執行について相続人だとこうだ” の詳細は »

自分のわかる範囲で借金を調べて相続の放棄をすすめる

相続放棄は個人で行うことも出来ますが、専門家に代行を依頼することもできます。

相続放棄の手続きでは、故人との親族関係を証する
書面を用意、裁判所に提出する必要があります。

個人で行うことも出来ますが、専門家に代行を
依頼することもできます。
“自分のわかる範囲で借金を調べて相続の放棄をすすめる” の詳細は »

動産と有価証券の遺産分割の流れをかく

動産はほとんどの場合、交換価値が低いとされており廃棄費用も遺産の中から経費処理をしなくてはなりません

動産とされる遺産は以下のようなものがおもなものです。

車、家財道具など
“動産と有価証券の遺産分割の流れをかく” の詳細は »

理想を追い求めて相続人と遺産を話あうのだ

遺産分割は、換価分割・代償分割を組み合わせながら現物の分割を基盤にするのがやりやすいと思います。

代償分割とは、遺産の現物を1人か一部の相続人が受け、その代わりとして残りの相続人に相続分に相当する現金などを支払う方法。一括で代償金を支払うことができない場合には、分割払いをすることも相続人同士の合意があれば可能です。

しかも、代償金には贈与税はかかりません。
遺産分割は、換価分割・代償分割を組み合わせながら
現物の分割を基盤にするのがやりやすいと思います。
“理想を追い求めて相続人と遺産を話あうのだ” の詳細は »

占有という観念を相続手続きでも覚えておこう

動産の価値は形見分けなどで処理をされる場合、価値が低いものや高いもの、廃棄処分が必要であるものなども配慮して分割しなければならない。

動産の価値は形見分けなどで処理をされる場合
価値が低いものや高いもの、廃棄処分が必要で
あるものなども配慮して分割しなければなりません。
“占有という観念を相続手続きでも覚えておこう” の詳細は »

相続の不動産分割の仕方、預金や生命保険など

相続手続きで預金や生命保険などの金銭債権は、相応に分割されます。

預金や生命保険などの金銭債権は相応の区分に応じて
分割されます。
また数字でこれらは客観的に算定できますので
相続分が決まっているのであればそのまま分割すれば
問題ありません。
“相続の不動産分割の仕方、預金や生命保険など” の詳細は »

遺産の分割の禁止されたときの相続はこうなる

相続人は相続開始からすぐに遺産の分割が可能です。しかし、遺産分割が禁止されることもあります。

(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止)第908条
被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくは
これを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から
5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。《改正》平16法147(遺産の分割の効力) 第909条 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。
“遺産の分割の禁止されたときの相続はこうなる” の詳細は »

« 過去の記事